失業保険とアルバイト

失業保険受給中のアルバイトは条件つきで可能。ただし、ハローワークに申告は必要

失業保険は、最近までもらっていた月給の50~80%が目安に支給されますが、待機期間があったり、失業保険の受給説明会に参加したりと、失業保険を実際にもらえるまでには一定の時間がかかるために、お金に困ることがあります。そのため、就職活動をしながら、アルバイトをすることはできないかと考える人が多くいますが、現在の雇用保険の制度では、失業保険の受給期間中に、アルバイトをすることは禁止されていませんので、失業保険をもらいながらアルバイトをすることは可能です。

ただし、失業保険をもらうためには、失業中であることと、積極的に求職活動を行っていることが前提となりますので、就業中にならない範囲で、就職活動の妨げにならない範囲で、アルバイトをすることが前提となります。

そのため、アルバイトは下記の範囲内で行うようにしてください。

1週間のアルバイトの時間が20時間以内
(失業保険を満額もらいたい場合は、1日のアルバイトは4時間未満)

1週間の労働時間が20時間以上ある場合だと、会社は従業員の雇用保険の加入手続きを原則しなければなりませんので、あなたが雇用保険に加入すると、それは失業中ではない(就業中)こととなり、失業保険がもらえなくなります。

また、1日4時間以上、アルバイトをした場合は、通常支給される失業保険の金額から、4時間以上アルバイトを行った日数分が引かれて支給されることになります。ただし、この場合は失業保険の金額を減額された訳ではなく、本来、失業保険をもらえる期間の後に、繰り越されて、後で支給されます。

その他にも条件がありますが、各ハローワークで違っているため、管轄のハローワークで、アルバイトをする場合には、どの範囲までが可能なのかを事前に確認しておきましょう。

このように、失業保険の受給期間中にアルバイトをすることは可能ですが、アルバイトをした場合には、アルバイトをしていることをハローワークに申告(※失業認定の際に毎回書く「失業認定申告書」に記入)するようにしましょう。

ハローワークにアルバイトをしたことを申告しないと、虚偽の申告となり、不正受給として、それ以後の失業保険の支給がすべて停止されたり、失業保険を全額返還しなければならないなど、厳しい処分が下されますので、ご注意ください。

不正受給は、雇用保険の加入履歴や会社の納税履歴、また、第三者からの通報などにより、発覚することがありますので、正直にハローワークに申告するようにしましょう。

※失業認定申告書
失業保険をもらうためには、ハローワークから指定された日(認定日:原則4週に1度)に管轄のハローワークに行って、「失業認定申告書」を記入する必要があります。例えば、アルバイトをした場合には、下記の失業認定申告書に、1日に4時間以上アルバイトをした勤務日と収入を記載する必要があります。

nintei

このように就業とならない範囲でアルバイトは行っても大丈夫ですが、大事なことは、アルバイトをしたことを失業認定申告書に正しく記入し、不正受給とならないようにすることです。

ハローワークに行くと、不正受給のことを、何回も言われたり、確認をされることが多いですが、ハローワークが厳しくチェックしていることを示すためだと思われます。それだけ不正受給をしている人が多いのかもしれません。

なお、アルバイトをした場合は、通常支給される失業保険の金額から、アルバイトを行った日数分が引かれて支給されることになりますが、これは減額された訳ではなく、本来、失業保険をもらえる期間の後に、繰り越されただけですので、ご安心ください。アルバイトをした日数分が繰り越され、後で支給されます。

Top