離職票と離職証明書とは

「離職票」は退職者がハローワークに提出する書類で、
「離職証明書」は会社がハローワークに提出する書類です。

離職票

離職票は退職者が失業保険をもらうために必要な書類で、退職した会社からもらい、退職者がハローワークに提出する書類で、正式には「雇用保険被保険者離職票」といって、離職票は「-1」「-2」の2種類があります。

「離職票-1」には、雇用保険の被保険者番号や、雇用保険の資格取得年月日、離職年月日などの記載があり、失業保険の振込先の金融機関の口座を記載します。

「離職票-2」には、退職した会社の名称や住所などの情報、在籍時の給与、離職理由(退職理由)などの記載があります。
risyoku

この離職票は退職した会社から郵送で送られてくることが一般的ですが、自分で会社に受け取りに行く場合もあります。万一、退職した会社から離職票が交付されない場合や、事業主が行方不明になった場合は、住居地を管轄するハローワークにお問い合わせください。

 

離職証明書

「離職票」と似た名前と形式の書類で「離職証明書」というものがあります。

「離職証明書」は、あなたが退職する会社側がハローワークに提出する書類です。

会社がハローワークに提出する「離職証明書」は、退職者本人が離職前に記名押印(又は自筆による署名)をすることになっていますので、退職する際には、離職証明書にある記載内容(離職理由や在籍時の給与など)を確認してから、記名押印するようにしてください。

risyoku2

※離職理由(自己都合か会社都合)や給与の金額によって、退職後の失業保険の金額や失業保険をもらえる期間が変わります。

※離職票や離職証明書にある離職理由(退職理由)が実際には退職勧奨やリストラなどの会社都合にもかかわらず、会社側の強制や強要により、「自己都合による退職」とされた場合は、「離職票-2」にできるだけ具体的な退職理由や事情を記載の上、住居地を管轄するハローワークの担当者に相談するようにしてください。なお、ハローワークの担当者に相談する際には、できるだけ会社都合であることを証明できるような事実(書類や写真など)があれば、持参するようにしてください。

会社都合退職とは、様々な理由で退職を余儀なくされた場合を指します。

Top