失業保険の手続き

失業保険の手続きはハローワークで

失業保険をもらうためには、あなたの住所を管轄するハローワークに行って、失業を認定してもらうことから始まります。まず、あなたが働いていた事業所から、離職票(正式には、雇用保険被保険者離職票)をもらいます。通常、離職票は、離職後にあなたが働いていた事業所から郵送されるのが一般的です。まれに、事業所に受け取りに行く場合もあります。会社から離職票が交付されない場合や、事業主が行方不明の場合等については、あなたの住所を管轄するハローワークにお問い合わせください。

1、必要書類をそろえる

・離職票
・雇用保険被保険者証
・運転免許証やパスポートなどの顔写真つきで本人確認ができるもの
・印鑑
・写真2枚(直近3ヶ月以内、縦3cm×横2.5cm)
・本人名義の普通預金通帳(銀行・郵便局)

2、管轄のハローワークに行く

あなたの住所を管轄するハローワークに、1の必要書類を持参します。失業保険は「働きたい人が対象」であるため、ハローワークで最初に行う手続きは「求職の申込み」です。求職申込書に就職先の希望条件や経験した仕事を記入して、辞めた会社から貰った離職票と一緒に窓口に提出します。その後、担当者との面談があり、失業保険の受給条件を満たしているか(働く意志があるのか等)確認があります。受給条件が認められると、失業保険の受給説明会の日時が指定され、「雇用保険受給資格者のしおり」という冊子が渡されて、ハローワーク初日はこれで終了となります。

3、「失業保険の受給説明会」に参加する

指定された日時の失業保険の「受給説明会」に参加するため、管轄のハローワークに行きます。この説明会には必ず出席しなければなりません。受給説明会には、初回のハローワークでもらった「雇用保険受給資格者のしおり」と印鑑、筆記用具等を持参します。この説明会に参加すると、「雇用保険受給資格者証」、「失業認定申告書」が渡され、第一回目の「失業認定日※」を知らされます。

※失業認定日とは、失業状態にあることをハローワークが確認する日のことです

4、失業の認定を受ける

あなたが失業状態であることをハローワークが確認するため、管轄のハローワークに行きます。これを失業の認定といいます。失業の認定は、原則として、4週間に1度行います。失業の認定は、ハローワークから指定された日に管轄のハローワークに行き、「失業認定申告書」に求職活動の状況等を記入します。この「失業認定申告書」と持参した「雇用保険受給資格者証」をハローワークの担当者に提出をして、失業状態の認定を受けます。この失業の認定を受けて、はじめて失業保険がもらえるようになります。失業の認定を受けなければ、失業保険はもらえませんので、ご注意ください。

Top